2004年 Cチーム戦績



 
  平成16年度 秋季大和市学童軟式野球大会 2回戦  
  2004年9月26日(日)10:00〜(小雨) つきみ野野球場  
チーム
北大和ドリームス 1 1 1 2 0     5
ホワイトキングス 1 1 5 3 ×     10

  [投手]野田、[捕手]宮本[本塁打]宮本

悔しい!!

初回に哲兵のホームランで勢いに乗れたと思ったけど今日はミスが多かったね。
ミスをするのは仕方がない。プロ野球選手だってエラーや暴投はする。
大切なのはミスをした後の気持ちのきりかえだ
まわりの選手は「どんまい!」、ミスした選手は「今度こそ!」のチームワークを覚えよう。
4年生は来週からAチームでの練習が始まります。気持ちを新たに頑張ってください。
君達ならできるはずです。
そして、1〜3年生はレギュラー目指して練習、練習、そして練習だ。がんばろう!!
最後にお父さん、お母さん、Aチームのみんな、応援ありがとうございました。

あれだけのミスが出れば負けるのは当然。自分のやるべき仕事が出来ていない。
苦しい時にこそ、声を出して。ピッチャーに声をかけるようにしなければいいチームになれない。
そういう事を考えながら新しいチームで練習をやって行こう。《安斎監督》

 
  平成16年度 秋季大和市学童軟式野球大会 1回戦  
  2004年9月20日(月)14:30〜(晴れ) 鶴間少年グランド  
チーム
北大和ドリームス 3 14 2         19
ジャガース 0 0 3         3

  [投手]野田、[捕手]安室

久し振りの公式試合、ナイスゲームだったね。

惇平ナイスピッチング、最後まで集中できてたね。
賢人も猛打賞のナイスバッティング。
大差がついても集中を切らさないようにしよう。
プレーに集中できるようになれば負けないチームになれる。
普段の練習でも集中してプレーしよう。

最後の3失点は余分だったね。あのプレーをしていると、1点を争う試合では勝てないよ。
次の試合は夏の悔しさを晴らそう!
そして残り3試合勝って嬉し涙を流そう!<安斉監督談・試合後の選手へのミーティングで>



平成16年度 夏季大和市学童軟式野球大会 Cクラスの部
 
  平成16年度 夏季大和市学童軟式野球大会 決勝  
  2004年7月4日(日)12:25〜(晴れ) 山谷スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 2 0 2 3       7
ホワイトキングス 1 0 5       8

  [投手]野田、[捕手]安室

準優勝おめでとう!

最後までよくがんばったよ。ナイスゲーム。
でも、本当〜にくやしいね。7対6で2アウトになって。みんなの気持ちは『勝った』って思ったんじゃないかな。
いけない事ではないよ。たぶん、あの時は、大人達だって、そう思ったんだもの。
『ゲームセット』の声を聞くまでは、そういうことが頭にうかばないようにプレーに集中できるようになれば負けないチームになれる。
むずかしいことだけど大事な事なんだ。練習の時から身につくようにしていないと出来ないくらい、本当にむずかしい事なんだ。

相手チームと大きくちがったこと。それは、ランナーになった時に『絶対にアウトにならない。アウトになるまで絶対ににあきらめない』の気持ちが強かった。
ドリームスのみんなに、その気持ちがないわけじゃないと思うけど、大きな差があったね。
きっと、いつもの練習の時から、そういうことをやっているんだね。

みんな、優勝したいと思うのなら、今日のこのくやしい思いを決して忘れて欲しくない。
・5回2アウト。あの三塁ゴロをあわてずにしっかりとファーストに投げとけば.....。
・ファーストがサードからの送球を後ろに、そらさなければ.....。
・ライトはファーストカバーをしっかりできていれば.....。
・レフトからの好返球でランナーをはさんだ時、あわてずにもっと塁まで追いつめられれば....。
・はさんだランナーに飛びついてでもタッチができれば....。
・ホームカバーをファーストが忘れずに出来ていれば....。
こんな事を頭に浮かべて、2度とくり返さない練習をしよう。
『秋は優勝するぞ〜!』
他のチームだって、この夏はたくさ〜ん練習して強くなって出てくるぞ。ドリームスはもっともっとガンバッて、秋は優勝メダルをかけてもらおう。

 
  平成16年度 夏季大和市学童軟式野球大会 準決勝  
  2004年7月4日(日)9:48〜(晴れ) 山谷スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 5 1 5 0       11
林間野球クラブ 2 4 2 2       10

  [投手]野田-佐藤(圭)、[捕手]安室

強いよねドリームスは。
でも準決勝くらいになると力にも差がないから、1つの小さな事で大きく試合が変わるよね。
試合後半になると、元気がなくなちゃって集中できなくなってしまう。声も出なくなってしまう。
ベンチも試合を見ていない人が多くなってしまう。今後もこれが課題かな。
とは言ってもこの試合もよくふんばったよ。みんなで勝ててよかったよ。

 
  平成16年度 夏季大和市学童軟式野球大会 準々決勝  
  2004年6月27日(日)11:45〜(曇) 山谷スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 1 0 7 0       8
ホワイトライオンズ 2 0 4 0       6

  [投手]野田-佐藤(圭)、[捕手]安室

ベスト4に進めたね。おめでとう。一歩ずつ一歩ずつ、練習でやったことを試合で出して目標に向かって進んでいこう。
先週のように一方的な試合を常にやるのはむずかしいんだ。準決勝、決勝では当然だけど簡単にはいかないよ。
いい試合をやりたいのなら、毎日のきそく正しい生活が大事。体調をこわさないように毎日「はやね、はやおきだ」。
ところで、今日もみんなはあいさつをチャントできたかな。いつも元気なあいさつをよろしく。
惇平ピッチャーおつかれさま。圭一もナイスリリーフだったね。
おさえようと思う気持ちが強すぎると四球が増えてしまうね。来週は周りのみんなの守備を信じて投げられると、
いいゲームになると思うよ。みんなでカンバレ!

 
  平成16年度 夏季大和市学童軟式野球大会 第1回戦  
  2004年6月20日(日)13:35〜 山谷スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 5 5 4 7       21
ブルースターズ 4 0 0 1       5

  [投手]野田、[捕手]安室

打つわ打つわ15安打。四死球7個。全員安打は出来なかったけど、全員得点。お見事だね。
次はホワイトライオンズが対戦相手。今日と同じような試合をしたいのなら、みんなが体調をこわさないようにしなきゃ。
毎日、早ね、早おきダ。
みんな。一番大事なことは、監督だろうが、コーチだろうが、おとうさん、おかあさん、友達のおとうさん、友達のおかあさん、
相手チームの監督、コーチ、選手。だれだろうと、あった人みんなにあいさつを出来ないチームは絶対に負けるよ。
あいさつが基本だよ。《安齋監督》