2005年 Aチーム戦績





  平成17年度 スポ少交流大会 第2回戦  
  2005年12月4日(日) 引地台球場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 2 0 0 0 2
ホワイトキングス 0 0 0 1 0 2 × 3

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸-宮本(哲)、[本塁打]高下

いつもホワキンとは白熱した試合をするね。この一年は1勝3敗1分けだったけど決して一方的ではなかった。
でもやはり、ヒットで点を入れられてしまっていたけど、その前にミスでランナーを出している。
ピッチャーがいい当たりをされてドキッとしても周りが守ってくれたら楽になれる。今日のレフトのプレーは見えないファインプレーだね。
逆にピッチャーが打ちとっても周りがミスをするヒット打たれるよりつらくなる。投げる球がなくなってくるんだ。
全員でまもろうよ!。

6年生にとっては今日の試合が対外試合の最後。お疲れ様でした。よくがんばったね。もちろん練習試合はやれると思うけど、スポーツを続けていくためにず〜っと練習にでて課題を克服していこう。
後輩達の事もめんどうも見ていこうね。


  平成17年度 スポ少交流大会 第1回戦  
  2005年12月3日(土) つきみ野野球場  
チーム
北大和ドリームス 12 1 1 3 0 17
ジャガーズ 0 1 0 0 1 2

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸-宮本(哲)、[本塁打]高下

規程により5回裏時間切れコールドゲーム
初回に12点も入れられるなんて。前回の逆ではないけれど、相手の士気がいっきにさがってしまったね。
君達はその後も気をぬくことはなかった。いい試合だったと思うよ。
でも2点はあげたようなもの。連携の後やミスをした時の後が頭の中に準備できていなかったね。攻撃でも次の塁をねらう気持ちが弱かったと思う。課題は次の練習や試合から修正できるようにして行こう。



  第12回 大和市野球選手権大会(新人戦)  
  2005年11月6日(日) つきみ野野球場  
チーム
林間野球クラブ 5 0 0 1 2 8
北大和ドリームス 0 0 0 0 0 0

  [投手]佐藤(圭)、[捕手]宮本(哲)

規程により5回裏コールドゲーム
5年生以下での公式戦初戦
初回に5点も入れられてガクッときたかも知れないけれど最後の最後まであきらめてはだめだよ。
また同じ相手と戦える時には続けて負けないようにしよう。



  平成17年度秋季 大和市スポーツ少年団野球大会 二回戦  
  2005年10月15日(土) (晴れ) つきみ野野球場  
チーム
ベアーズ 2 0 2 0 1 2 7
北大和ドリームス 0 0 0 0 0 0 0

  [投手]高下、[捕手]岸


  平成17年度秋季 大和市スポーツ少年団野球大会 一回戦  
  2005年10月15日(土) (晴れ) つきみ野野球場  
チーム
北大和ドリームス 0 4 0 1 1 5 11
ホワイトキングス 1 0 0 0 0 0 1

  [投手]杉崎、[捕手]岸



   第39回大和市秋季少年野球大会 予選リーグB組 第4回戦  
  2005年10月02日(日) 9:13〜10:38(晴れ) 桜森スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 0 0 0
南林間ファイターズ 0 6 0 0 1 7

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸

規程により5回裏コールドゲーム
今日の試合は秋の大会予選リーグで敗退はしたけど最後の対戦。君たちのこの一年の集大成として「必ず勝つ」という目標でいったけど負けたことは非常に残念だった。
攻撃ではベンチのみんなが集中できていなかったようだ。
3度ほどランナーを三塁に進めたけれども、「次に繋げる」という気持ちはどこかへ行って不用意に手を出して打ち上げたり、ボール球に手を出して三振してしまった。
守りでも、後のことを考えずにプレーが雑になったり、とぎれたりしてしまった。
六年生にとっては「スポ少秋の大会」が最後の公式戦。あまり時間はないが短い時間の中で問題が解決するように進めて行こう。
君たちなら出来るはずだよ。

 
  第39回大和市秋季少年野球大会 予選リーグB組 第3回戦  
  2005年9月19日(月) 15:30〜(晴れ) 桜森スポーツ広場  
チーム
大和クラブジュニア 0 0 3 0 2 4 2 11
北大和ドリームス 0 0 1 0 0 3 5 9

  [投手]高下、[捕手]岸

試合をふりかえって

 
  第39回大和市秋季少年野球大会 予選リーグB組 第2回戦  
  2005年9月19日(月) 10:30〜(晴れ) 桜森スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 0 0 1 0 1
ホワイトキングス 0 0 0 0 1 0 0 1

  [投手]杉崎、[捕手]岸

試合をふりかえって


 
  第39回大和市秋季少年野球大会 予選リーグB組 第1回戦  
  2005年9月18日(日) 12:25〜(晴れ) 桜森スポーツ広場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 2 0 2 2 6
林間野球クラブ 0 0 0 2 0 0 0 2

  [投手]高下、[捕手]岸、[三塁打]高下

試合をふりかえって
  秋の初戦、まずは1勝。勝ってよかったね。
  初戦で緊張していたからなのか、躊躇(ちゅうちょ)しているところが見えたね。
  これだけこの秋のために練習をしてきたんだ。今試合で発揮(はっき)出来なくてどうする?
  失敗してもそれはOK。思いっきりプレーしよう。
  2戦以降も簡単に勝てる相手じゃないけど、自分達を信じておもいっきりぶつかっていこう。
  めざせ全員野球。そのむこうには必ず光がある。

 【躊躇(ちゅうちょ)とは】: ためらうこと。ぐずぐずすること。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。

 
  第15回 あつぎ鮎まつり 厚木杯争奪親善学童軟式野球大会  第2回戦  
  2005年8月13日(土) 9:20〜(曇り) 及川球技場  
チーム
相模が丘ブラザーズ 0 6 0 0 1     7
北大和ドリームス 0 0 0 0 0     0

  [投手]杉崎、[捕手]岸

試合をふりかえって
なれない守備をする人が多かったから、なかなか練習どおりにはいかなかったなと思うけど、そんなことは理由にはならないよね。
ひとつになるということが出来ていなかった。不思議だね人数は少なくなったから簡単に行くと思えるんだけど逆なんだね。

六年生にとっては最後になる秋の大会。練習をもっともっと積まないとね。
秋の大会はすぐ目の前、体調を整えて万全の体制で試合に臨めるようにしよう。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。
 
  第15回 あつぎ鮎まつり 厚木杯争奪親善学童軟式野球大会  第2回戦  
  2005年8月6日(土) 13:30〜(晴れ:猛暑) 県央体育センター  
チーム
厚木ニューウェーブ 1 0 0         1
北大和ドリームス 25 6 ×         31

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸、[本塁打]菅野(杏)、[三塁打]高下、[二塁打]高下

試合をふりかえって
規程により3回コールド
初回守りは、四球・盗塁・死球にパスボール。ノーヒットだけど先頭打者がでれば点は入るって本当だね。
攻撃の時は相手のミスも多かったけれど、ゴロを打った時の相手のミスはヒットと同じ価値だね。
よくも31点も入れたもんだ。2勝目おめでとう。

今からの4試合は勝ち残って来たチームだから、今日とは同じ試合にはならないと思うけど、今日のように気持ちを集中させていけば大丈夫。みんなでがんばろうね。

本日は猛暑の中、大勢の方(お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん方)の応援を誠にありがとうございました。のびのびやっている子供たちを見ているとやっぱりお父さん、お母さん達の応援が120%の力を引き出しているいるって感じですね。
来週も子供達にめいっぱいの応援をお願いします。子供達は期待に応えてくれますよね。きっと。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。
 
  第15回 あつぎ鮎まつり 厚木杯争奪親善学童軟式野球大会  第1回戦  
  2005年8月6日(土) 9:50〜(晴れ:猛暑) 県央体育センター  
チーム
広陵ビクトリーズ(城山町) 0 1 0         1
北大和ドリームス 2 22 ×         24

  [投手]杉崎、[捕手]岸、[本塁打]鈴木(惇)

試合をふりかえって
規程により3回コールド
初回守りは、エラーで出したノーアウトのランナーを牽制で刺して、エラーで出したワンアウトのランナーを二塁盗塁阻止。ミスは出たけどまわりのみんなでカバーしたいい守りだった。

初回攻撃は、鈴木惇いきなりの先頭打者ホームラン。その後も相手のミスをついて1点追加。(もう少し点を入れて欲しかったけど三振だから仕方ないね。)

2回も先頭打者をミスで三塁まで進めてしまった。2・3塁からのボテボテのあたりだからしょうがないけど、先頭バッター出すと点は入るってことだね。

2回の攻撃は特にはないけど、集中しようという君達の気持ちが間違いなく伝わってきたよ。

相手のピッチャーはつらかっただろうね。1人で15人以上投げているのにまわりはだれも声をかけてくれない。ひとりっきりで投げていたよね。

ぼくらはいつでも横・前・後ろのみんなに声をかけあって1対9にならないようにしようね。
まずは初勝利おめでとう。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。

 
  平成17年度 夏季大和市学童軟式野球大会 第1回戦  
  2005年5月29日(日) 8:50〜(晴れ) 鶴間少年グランド  
チーム
ホワイトキングス 2 0 2 1 4 2   11
北大和ドリームス 0 6 0 1 0 3   10

  [投手]杉崎-高下-杉崎-高下、[捕手]岸

試合をふりかえって
規程により6回時間切れコールド
ドリームスの夏の大会は第1試合目で終りました。残念です。
守りでは四球やミスが多く、相手にあげた点が多かったけれど、攻撃はいい形が出来たと思います。
杏里のレフトオーバーエンタイトル二塁打は見事なあたりだったし、殆どの選手がたたきつけるバッティングをして内野の頭をこえる安打が何本もありました。
先頭バッターを出せなくても点をとることは出来たし、いつもなら4点差がついてしまうと半分あきらめムードなのに今回はちがった。
最後の最後まであきらめずに、よくがんばったと思います。
さあ秋に向けて、また1からのスタートです。六年生にとっては最後になります。くいの残らない「練習」をすれば、きっといい結果がでるはずです。
Aチームの全員が同じことを考える事が出来るように、練習しましょう。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。

 
  平成17年度 春季大和市学童軟式野球大会 第3回戦  
  2005年4月17日(日) 8:50〜(晴れ) 鶴間少年グランド  
チーム
北大和ドリームス 0 2 0 0       2
ホワイトキングス 3 6 2       12

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸

試合をふりかえって
規程により4回コールド
ドリームスの春の大会は終りました。残念です。
練習でやったことを試合で出すことが出来なかったし、練習でやったこともないことを試合でやってしまった。
確認もしないまま次のプレーに入れば当然のこと。からだは動かないし無意味な行動を取ってしまう。
僕たちドリームスはたくさん練習をやったような気持ちでいたけど、まだまだ足りなかったって言うことだね。
さあ夏の大会まであと1ケ月。ケガをしている子はしっかり直して、今日の試合でできなかったことをもう一度1から練習しよう。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。
 
  平成17年度 春季大和市学童軟式野球大会 第2回戦  
  2005年4月10日(日) 10:45〜(晴れ:強い風) つきみ野球場  
チーム
ブラックジャガーズ 0 0 0 0 1 0 0 1
北大和ドリームス 0 0 0 0 5 2 × 7

  [投手]杉崎、[捕手]岸、[本塁打]北川優

試合をふりかえって
春の大会初戦突破おめでとう。勝てて良かったね。
北川ホームランうれしい顔が印象的だったね。高下だって岸だって杏里、鈴木みんなきれいなヒットだ。
千葉のセカンドゴロだっていいスタートだったから何気ないセカンドゴロに見えるほど。あれはファインプレーだよ。レフトだって後ろに打たれたけど背中を見せずに止める事が出来た。

以上のような報告だと、いい試合の様に思えそうだけど、実は今日はたまたま勝てたラッキーな試合だった。
だって誰もボールは呼んでいないし、瞬間スタートがきれていなかったな。誰とは言わないが1人でも野球に集中が出来ていない選手がいるとみんなで点をあげてしまうんだ。
自分だけはいいだろうと思う子が1人でもいたらドリームスは連勝できないよ。全員野球を目指しているんだろう。それなのにさみしいことだね。まだひとつになっていない。
さあ次の試合まで練習で修正していこう。みんなは大会期間中はいつもより2倍素振りをやろう。ヒット打ちたいだろう。勝ちたいだろう。ふだんから心をひとつに出来るようにしよう。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。
 
  第30回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会 大和市予選会 決勝  
  2005年3月20日(日) 12:53〜(曇り) 鶴間少年グランド  
チーム
北大和ドリームス 0 0 3 1 0 0 2 6
レッズ 0 0 0 0 1 6 × 7

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸

試合をふりかえって
優勝って簡単にしちゃダメって事だね。打たれた事はしようがない。1点ですむところで1人になってで投げたり、苦しがっているピッチャーを1人にしたり。これで勝ったら勝利の女神に失礼だね。
悔しい涙は忘れるな。そしてそれがうそのなみだにならない様に次に活かしておくれ。
泣く時は優勝した時だ。優勝した時にだけ心から涙を流してくれ。


準優勝した事は誇りに思ってくれ。しかし次の春も決勝戦まで残ることは簡単な事じゃないよ。
もう一度思い返そう「全員野球。心はひとつの野球」を。

クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。 クリックすれば拡大できます。
 
  第30回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会 大和市予選会 準決勝  
  2005年3月20日(日) 10:09〜11:30(曇り) 鶴間少年グランド  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 0 3 0 0 3
レッドイーグルス 0 0 0 0 0 0 0 0

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸

試合をふりかえって
杉崎、高下ナイスピッチング。いいムードで守る事が出来たよね。塁に出してもキッチリと牽制で刺したり、エラーを続けて満塁にした時も気持ちを切り替えてみんなで守れたよ。
打撃だって、岸、杉崎、森実はいい感じでバットが出せたいいヒットだった。千葉もライトへのいいヒットだったね。打てるようになってきた。
でも走塁はうっかりミスが出た。牽制で刺されたり正面のあたりを本塁で突っ込んだり、練習だね。

 
  第30回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会 大和市予選会 第2回戦  
  2005年3月12日(土) 13:30〜14:52(晴れ) 引地台球場  
チーム
林間野球クラブ 0 0 0 0 0 0 1 1
北大和ドリームス 4 0 0 2 0 0 × 6

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸、[本塁打]岸、(林間)星野、[三塁打]杉崎、高下

試合をふりかえって
前回の試合に比べたら、試合には集中できてたけれども終盤になると、まだ声が切れていた子がいるな。
今日は全員が試合に出る事が出来ました。いつも出られない子もこの試合の感触を覚えてください。
特に四年生、いいかな。この体験を意味ある物にして欲しい。もっとする事はなかったか。チャンと出来ていたか、思い出してノートに書いて次にいかそう。
もちろん次も勝てるようしていくけども、相手がどうかは関係ない。自分たちのやれる事を全力でやろう。そしたら結果はついて来る。「出来る事をやろう」

クリックすれば拡大できます。
 
  第30回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会 大和市予選会 第1回戦  
  2005年3月6日(日) 14:01〜(とっても寒い曇り) 鶴間少年グランド  
チーム
ジャガーズ 0 0 1 2 0 0   3
北大和ドリームス 0 0 0 0 6 ×   6

  [投手]杉崎-高下、[捕手]岸

規程により6回コールド
試合をふりかえって
  先ずは1勝おめでとう。勝って良かったね。
  先ず今日のこの試合をみんなが試合に集中して勝とうという目的は半分は達成した。だけど残りの半分は残念。まだ集中できていない子が何人かいたな。
  特にリードを許していた時はまわりのみんなのプレーが自分の事のように感じていなかったし、1点を返した時でさえまだ同じだったね。
  「最後の最後まで絶対にあきらめない、声をかけ合っていく」   って約束したじゃないか。リードしている時に声を出せるのは当たり前。   リードされている時や三塁までランナーを進めても点が取れない時こそ声を掛け合えないと、続けて勝つことは出来ないよ。
  今日の試合でヒットが打てた事、ランナーを進める事が出来た事、いいプレーをした事を忘れるなよ。そしてうまくいかなかった事も忘れるなよ。思い出して次にいかそう。
  第二回戦は今度の土曜日。練習することは出来ないけど次にいかせる様にそれぞれが考えて行動しよう。
  今日の事をノートに書いてみることもいいんじゃないかな。

  お父さんお母さんそして6年生。すばらしい応援をありがとうございました。試合をやっているみんなには一番のはげみになったと思います。できれば選手15人全てのお父さんお母さんに応援に来て頂きたいと思います。いっしょに感動して下さい。
  どうしても応援いけない時は、うちに帰ってきたときに話を聞いてほめてあげて下さい。試合にでる事が出来なかったとしても是非ほめてあげて下さい。

クリックすれば拡大できます。