2007年 Aチーム公式戦戦績






  野球親善交流大会 ブロック決勝戦  
   2007年12月1日(土)13:04〜 (晴れ) 引地台球場   
チーム
北大和ドリームス 0 0 2 1 0 1 0 4
瑞穂ブルーフェニックス 1 0 0 0 0 0 2 3

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]横田、[3塁打]丹野

野球親善交流大会 優勝おめでとう。
ナイスゲームだった。そして、6年生最後の試合、勝ててよかったね。
この試合は、みんな一人一人が練習の成果を出すことができた。
大事な場面で打てたし、なかなか取れなかった打球を取ることができたし、
みんなが一生懸命、打って走って守った。
君達が心がけてきた「自分達の出来ることをする」が最後の試合でも出来た。
この大事なことは、これからもずっと忘れないでいよう。


  野球親善交流大会 一回戦  
   2007年12月1日(土)8:27〜 (晴れ) 引地台中学校   
チーム
相模が丘ブラザース 0 0 0 0
北大和ドリームス 4 5 1 10

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[3塁打]杉崎

投手はナイスピッチングだった。しっかりと攻めていたね。
攻撃も、しっかりボールを見極めることができていた。
いつの試合でも、自分達ができるとことをしっかりとするを心がけてきたけど
今日も出来ていたね。ランナーがいる時に転がして進められたら満点だったね。
次は、君達6年生最後の試合だ。
一人一人、悔いが残らないように、精一杯プレーしよう。そして、良い試合をしよう。



  第27回 県央・県北少年軟式野球大会 決勝  
   2007年11月18日(日)13:24〜 (晴れ) 光陵公園野球場  
 チーム
 北大和ドリームス 3 1 0 0 0 0 1 5
 海老名スラッガーズ 0 0 0 2 1 0 0 3

  [投手]伊藤(諒)、[捕手]宮本、[2塁打]杉崎

県央・県北少年軟式野球大会 優勝 おめでとう!

 ナイスゲームだった。
 みんなの目標にしていた最高の結果、出せたね、おめでとう。
 この試合に勝ちたい、勝つんだというみんなの強い気持ちと、一つ一つ、みんなで繋いだ結果が得点につながったんだ。
 よく声も出ていたし、準備もしっかりとできていた。
 でも、忘れないでいてほしい。
 この大会、優勝できたのは、誰かが打ったからとか、守ったからではなく、みんなが、自分の出来ること、やらなければならないことをすべての試合でしっかりとできたからなんだ。
 いつも目指していた「全員野球」ができたから、目標を達成できたんだよ。
 野球は一人ではできないんだ。これからも絶対、忘れないようにしよう!

 最後の大会、集大成の大会に優勝できたのは立派だと思いました。
 この大会、全4試合、みんな集中できていました。
 細かなミスは有りましたが、それを補う集中が有ったからこそ、この結果につながったのではないでしょうか。
 最後の大会、集大成の大会に優勝できたのは立派だと思いました。
 子供達、それぞれに様々な思いがあったかと思いますが、ナイスゲームでした。 《伊藤コーチ》

 六年生のみんな、最後の公式戦優勝本当におめでとう!感動を与えてくれた事に感謝します。
 今日の準決勝・決勝は今までの経験が集約されたナイスゲームでした。一人一人が出来る事をしっかりやる事、回りに声をかける事、監督が何度も繰り返し指導してきた事が活かされたね。苦しい場面でも乗り越える強い意識が感じられたよ。
 それは日頃の練習や試合で培われた事だと思うし、朝練で努力している子供もたくさんいた。やっぱり練習は嘘をつかないんだよ。またベンチにいた選手やグランドの外で応援してくれた人達の声援が大きな後押しになったと思う。大切な事だけどみんなへの感謝の気持ちを忘れずに!
 最後に本当に優勝おめでとう!そして感動をありがとう 《橋本コーチ》

 六年生、県央県北大会優勝おめでとう。

 試合の感想は試合が終わったときに話しましたので、それ以上はありません。
 自分たちが目指してきた目標をしっかりと掴むことができたことに誇りをもってください。
 そして、その達成に向けてこれまで重ねてきた努力に自信をもってください。
 それから、遠征やコールドゲーム、いろいろな大会への出場など、数多くの経験ができたことを大切にしてください。
 また、多くの人が君たちを支えてくれたこと、多くの仲間が君を助けてくれたことを忘れないでください。
 決して勝ったことだけに満足しうれしがる、野球がうまいだけのこどもたちにならないでください。
 さらなる飛躍と成長を大いに期待しています。君たちならできるよ。

 毎年のことですが、秋の大会が終わると君たちとの別れがすぐそこまで来てしまいます。
 君たちの成長は喜びですが、それがちょっとつらいところです。

 残された時間をまた一緒に楽しみましょう。(楽しませてください。)

 君たちの成長は喜びですが、それがちょっとつらいところです。

 おめでとう。ありがとう。        《武井監督》


  第27回 県央・県北少年軟式野球大会 準決勝  
   2007年11月18日(日)10:26〜 (晴れ) 光陵公園野球場  
 チーム
 厚木ペガサス 0 0 0 0 0 0 0 0
 北大和ドリームス 2 0 0 0 0 0 0 2

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]宮本

 ナイスゲームだった。
 試合前に言ったとおり、接戦になったけど、少ないチャンスをしっかりと点に結びつけることができたね。
 この試合でも、みんな、一人ひとりがしっかりと自分のすべきことが出来ていたよ。
 あと一試合、この大会、最後の試合をすることが出来る。
 今まで練習してきたことを全部出して、最高の結果をだそう。


  第27回 県央・県北少年軟式野球大会 二回戦  
   2007年11月11日(日)13:13〜 (曇り) 光陵公園野球場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 4 0 2 0 2 8
秦野ビッギーズ 0 0 1 0 0 1 0 2

  [投手]伊藤(諒)、[捕手]宮本、[本塁打]町田、[3塁打]宮本、[2塁打]宮本

 この試合もナイスゲームだった。
 得点されたシーンでも、しっかりと練習通りの中継プレーが出来た。
 一人ひとりが、しっかりと自分の出来ることをしっかりと出来た。
 君たちは、こういう事が出来るだよ、そして、これが出来れば良い結果が出るんだ。
 さー、次の試合も
 「練習の時は試合の事を考えて」「試合の時は練習した事を思い出して」
 自分たちができること、やらなければならないことをしっかりとやっていこう!


  第27回 県央・県北少年軟式野球大会 一回戦  
   2007年11月11日(日)9:28〜 (曇り) 綾北中学校  
チーム
高部屋少年野球部 0 0 0 0 0 0 0 0
北大和ドリームス 0 0 0 3 1 0 × 4

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[2塁打]杉崎

 ナイスゲームだった。序盤はランナーを3塁まで進めたのに
 なかなか得点出来なかったけど、中盤にはしっかりとランナーを進めて返すところまで持っていけたね
 この試合は、一人一人がしっかりと、自分のやるべきことが出来ていた。
 その成果が結果に出たね。
 次もしっかりと、やるべきことをしっかりとやっていこう。




  大和市スポーツ少年団野球大会 秋期大会 決勝  
  2007年10月14日(月)12:57〜 (曇り) つきみ野球場  
チーム
北大和ドリームス 0 0 0 0 1 0 1
ジャガーズ 3 0 3 0 0 × 6

  [投手]杉崎<2/3>-伊藤(諒)<4回1/3>、[捕手]宮本

完敗だった。君たちは、まったくといって良い程、自分たちの野球ができなかった。
なぜだろう。それは試合をする前に気持ちが準備できていなかったからだよ。
これから試合という時に気持ちを準備するのじゃなくて、前の日から、試合は始まっているんだ。
こんな状態で試合に入るのはやめよう。今日の反省は、次に絶対いかそう。
君たちは、自分たちが出来る事をしかっりとやれば、勝てるんだ。
自分たちができること、やらなければならないことをしっかりとやろう。
「練習の時は試合の事を考えて」「試合の時は練習した事を思い出して」!


  大和市スポーツ少年団野球大会 秋期大会 準決勝  
  2007年10月14日(月)8:27〜 (曇り) つきみ野球場  
チーム
北大和ドリームス 1 0 0 0 0 2 0 3
ビクターズ 0 0 0 0 0 0 0 0

  [投手]山岡、[捕手]宮本、[2塁打]中村

この試合も、前日のままだった。全然、元気がなかった。
そして、試合に集中できなければ、グランドにいる意味はないんだ。
ベンチの外で応援している4年生の方が、大きな声をだしていたよ。
5年、6年は負けるな。手本になろう。
それから、いつの試合も、一戦一戦に「勝つ」という気持ちを強く持とう。
気持ちが入ってなければ、負けてしまうんだよ!


  大和市スポーツ少年団野球大会 秋期大会 一回戦  
  2007年10月13日(月)10:27〜 (晴れ) 鶴間少年グランド  
チーム
北大和ドリームス 2 0 3 4 0 9
桜森ベアーズ 0 0 2 0 0 2

  [投手]伊藤(諒)<4回>-山岡<1回>、[捕手]宮本、[本塁打]杉崎、[3塁打]宮本、[2塁打]町田、橋本、杉崎、宮本

今日は、先週の試合とは違って、全体的に元気がなかったね。
君たちのチャレンジは、まだまだ、終わったわけじゃないんだ。
もっともっと、元気をだそう。いつも言っているよね。1人対9人じゃ、バッターは打てないし、
ピッチャーは1人だと打たれてしまうんだ。自分たちの出来る事、やらなければならない事は
いつでも、しっかりとやれるようにしよう。
4年生は、もっともっと、大きな声をだそう。Cの時の元気を忘れないでくれ。
ドリームスは、いつでも、みんなで野球をしているんだよ!




  大和市秋期少年野球大会 決勝トーナメント決勝  
   2007年10月8日(月)12:35〜 (曇り) 鶴間少年グランド   
チーム
北大和ドリームス 2 0 0 0 0 0 0 2 3 7
ブルースターズ 0 0 0 0 0 2 0 2 2 6

  規定より8回、9回はサドンデス延長戦
  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[2塁打]杉崎、会田

 大和市秋期少年野球大会 優勝、おめでとう。
 ナイスゲームだった。
 追いつかれても追いつかれても、全員が集中力を切らさずにプレーした結果だ。
 まさに「夢に向かって全員野球」だった。
 いつも心がけていた
 「自分たちができること、やらなければならないことをしっかりと出来る様にしよう。」
 「練習の時は試合の事を考えて、試合の時は練習した事を思い出して」
 が大事な場面でしっかりとできた。
 君たちの「勝ちたい」「勝つんだ」という強い気持ちが、最後のプレーに出たんだ。
 でも、ここがゴールじゃない。気持ちを切り替えて、次にチャレンジだ。


 本当に優勝できました。感無量でした。
 普段の練習の成果をこんな大事な緊迫した場面でできる子供たちを尊敬しました。
 是非、これからもこんな試合を続けて欲しいと思います。《伊藤コーチ》


 一年前の新人戦での優勝以来なかなか勝てなかった大和市大会でしたが最後に子供達が意地を見せてくれたのではないかと思います。
 またCの物凄い応援も含めて「MVP」のいない、全員でもぎ取った勝利だったと感じています。勝敗に関わらず、こうしたチームに育ってくれた子供達、チーム一丸に向け取り纏めに常に尽力頂いた代表はじめ指導者・役員の皆さん、熱心に協力頂いたご家族のに御礼申し上げます。
 また引き続きのご協力をよろしくお願いします。《武井監督》


 ダブル優勝の目標を見事達成でき大変素晴らしい事だとおもいます。子ども達はこれをステップとして更に次のステップ目指して頑張ってほしいと思います。
 また、ACご父兄の方々の応援や、色々な準備等、大変ありがとうございました。子ども達に力と気持ちを与えてくれました。そして、今までドリームスはA・C別々のチームのようでしたが、ようやく一つになれたようにおもえます。《河原代表》


  大和市秋期少年野球大会 決勝トーナメント準決勝  
   2007年10月7日(日)8:30〜 (曇り時々雨) 鶴間少年グランド   
チーム
北大和ドリームス 0 1 2 0 2 1 0 6
桜ヶ丘ヴィクターズ 0 1 0 0 0 0 0 1

  [投手]山岡、[捕手]宮本、[本塁打]宮本、町田、[2塁打]町田、山岡

 ピッチャーは、ナイスピッチングだった。
 そして、みんなは、この試合、前日の反省を活かせたね。
 集中力を切らさず、1点1点という気持ちがこの結果になった。
 でも、もう少しだ。3塁に進めたランナーは何としてでも帰そう。
 そうすれば、もっと、ピッチャーを助けることができるんだ。
 次の試合も全員野球を忘れずにチャレンジしよう。


  大和市秋期少年野球大会 決勝トーナメント準々決勝  
   2007年10月7日(日)10:37〜 (晴れ) 鶴間少年グランド   
チーム
北大和ドリームス 6 0 0 0 2 8
レッズ 1 0 0 0 0 1

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]町田、宮本(2)

初回の集中力はよかった。先頭がホームランの後もヒット、四球と繋いで
ランナーを返すことができた。
でも、その後に集中力がきれてしまっていた。
試合にでている子だけで戦っても、試合は勝てないんだ。
1対9では、打者は負けてしまうんだ。いつも言っている様に、皆で一つのボールに集中しよう!
君たちは、この大会、22人で戦っているんだ。次の試合も全員野球だ。
練習した事を思い出して、自分たちができること、やらなければならないことを
しっかりとやろう。


  大和市秋期少年野球大会 予選リーグ第三試合  
   2007年9月17日(日)13:59〜 (晴れ) 桜森   
チーム
北大和ドリームス 3 2 0 4 9
ホワイトライオンズ 0 0 0 0 0

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]町田、[3塁打]杉崎、[2塁打]町田、宮本

 ナイスゲームだった。この試合も目標の「先頭打者が出る」「1点ずつ取る」ということができた。
 それがこの結果につながったんだ。
 でも、油断してはいけないよ。この予選リーグの試合でも課題はたくさんあった。
 決勝リーグまでに、もう一度、しっかりと練習して、次の試合では練習通りのことが
できる様にしよう。
 忘れてはいけないよ。君たちはいつもチャレンジャーなんだ。
 自分たちができること、やらなければならないことをしっかりと出来る様にしよう。
 「練習の時は試合の事を考えて」「試合の時は練習した事を思い出して」だよ!


  大和市秋期少年野球大会 予選リーグ第二試合  
   2007年9月17日(日)11:00〜 (晴れ) 桜森   
チーム
緑野ピンチーズ 2 0 0 2
北大和ドリームス 11 5 × 16

  [投手]伊藤(諒)<2回>-山岡<1回>、[捕手]宮本、[2塁打]北川

今日の試合も目標の「先頭打者が出る」「1点ずつ取る」ということができた。
ただし、”ストライクを積極的に打つ”という姿勢が少し足りなかったかな。
1打席の中で1球を見逃してしまうと、後が苦しくなるんだ。
積極的に打っていこう。好球必打(こうきゅうひつだ)だよ!


  大和市秋期少年野球大会 予選リーグ第一試合  
   2007年9月16日(日)8:27〜 (晴れ) つきみ野球場   
チーム
北大和ドリームス 1 1 2 3 0 7
ジャガーズ 0 0 0 0 0 0

  [投手]山岡、[捕手]宮本、[本塁打]杉崎、[2塁打]橋本、得地

今日の試合は目標だった「先頭打者が出る」「1点ずつ取る」ということができたし、
普段の練習通りのプレーができた。
次の試合の攻撃も守りも出来ることをしっかりとやっていこう。
でも最終回は、2,3塁まで進めたのに得点できなかった。
ここで1点でも取ることができれば、君たちは強くなれるんだ。
集中力を切らさずに、今何をやらなければならないかを
良く考えてプレーしよう。




  2007横浜銀行カップ 一回戦  
   2007年8月25日(土)8:50〜 (晴れ) 津久井横山スポーツ広場   
チーム
北大和ドリームス 1 0 0 2 0 0 0 3
下作延第一ペッパーズ 0 0 5 0 0 4 × 9

  [投手]杉崎<2回2/3>-伊藤(諒)<3回1/3>、[捕手]宮本、[本塁打]宮本、[2塁打]杉崎

今日は完敗だった。攻撃では先頭が出た時は得点できたけど
守りではちょっと、気をつければ防げた失点がたくさんあった。
「取ったらどこに投げる」「みんなが準備できているか確認してから投げる」を
出来ていなかったのが原因だよ。
もう一度、やり直しだ。簡単なプレーをミスしない様、練習し直そう。
練習の時は試合のことを考えて、試合の時は練習したことを思い出して
練習も試合も出来る様にしていこう!



  第26回関東ブロックスポーツ少年団競技別交流大会  
   2007年7月29日(日)12:00〜 (曇り、雷雨) 立川公園野球場   
チーム
北大和ドリームス 0 1 0 0 0 1 1
オブスマクラブ (埼玉) 0 0 2 0 1 3

  雷雨のため5回コールドゲーム
  [投手]伊藤(諒)<2回>-杉崎<3回>、[捕手]宮本、[本塁打]杉崎

ナイスゲームだった。今日もドリームスの粘り強さを出すことができたね。
結果は残念だったけど、下を向く必要はない。胸をはれる試合だった。
自分たちがやらなければならない課題が、今回の大会で解ったね。
この大会、そして今日の試合の経験を次に活かしていこう。



  第26回関東ブロックスポーツ少年団競技別交流大会  
   2007年7月28日(土)12:20〜 (晴れ) 立川公園野球場   
チーム
北大和ドリームス 4 0 2 2 1 9
三鷹ゼファー 0 0 2 0 0 2

  規定により5回コールドゲーム
  [投手]杉崎<4回1/3>-山岡<2/3>、[捕手]宮本、[本塁打]宮本<2本>、[3塁打]中村

今日の試合は、いつも目標にしている「1点1点」「取られたら取り返す」
ということがしっかりとできた。その積み重ねが結果にでたね。
今日は暑かったけど、皆声が出ていたし、途中で交替した選手も
すぐにファインプレーをしたけど、これも集中していたからだね。
バッティングでは、当てにいっているケースがあったけど、
明日はしっかりと振り切れる様にしよう。
次もみんなで集中して、良い試合にしよう。




  平成19年度 夏季大和市学童野球大会 三位決定戦  
  2007年7月1日(日)10:18〜 (曇り) 鶴間少年グランド   
チーム
 北大和ドリームス 0 0 0 1 4 5 10
 大和中央クラブ 2 0 0 2 0 0 4

  [投手]伊藤(諒)<3回2/3>-杉崎<2回1/3>、[捕手]宮本
  [本塁打]宮本、[2塁打]町田、杉崎(2)、宮本、横田


夏の大会、連敗せずに、最終戦で勝つことができたの良かった。
覚えていて欲しいのは、一試合の中で点を取れるチャンスというのは
そんなに多くは無いということ。
今日は、そのチャンスを一つ一つつないで作り上げたことが勝因だっだと思う。
でも一つ反省しなければならないのは、やっぱり、ピンチになると
誰か人まかせになっている。勝ち越してから声を出すのではなく
苦しい時ほどを皆で声を出したり力を合わせたり出来る様にしよう。
それから最近、エンジンのかかるのが少し遅いね。いつも心がけている通り、
1点、1点と積み重ねることが出来る様に早めに準備していこう。
夏の大会でできなかったことは、一生懸命練習して秋の大会で出来る様にしよう。
そして、みんなで夢を叶えよう。


  平成19年度 夏季大和市学童野球大会 準決勝  
   2007年6月24日(日)10:12〜 (曇り、雨) 鶴間少年グランド   
チーム
北大和ドリームス 1 0 0 0 0 1 2 4
ブルースターズ 3 0 0 0 1 2 × 6

  [投手]杉崎、[捕手]宮本

今日は、練習どおりにできたプレーもあったけど、出来なかったプレーもあった。
それが、この結果に出てしまったね。
これからは、もっと、練習して相手に点を取られない様にしよう。
それから、みんな、今日の試合のことを反省して、次のプレー、試合に活かしていこう。
でも、最後はよく追い上げたと思う。いつも言っている点を取られたら取り返すことが
できた。次からは、もっと、早い回から1点づつ、得点できる様にしよう。


  平成19年度 夏季大和市学童野球大会 第2回戦   
  2007年6月17日(日) 10:38〜 (晴れ) 鶴間少年グランド   
チーム
北大和ドリームス 0 0 1 0 1 2 3 7
ジャガーズ 0 0 0 1 0 0 0 1

   [投手]杉崎、[捕手]宮本、[2塁打]町田

今日は得点できたときは、皆が集中していたけど、取れなかった時は、誰かが集中できていなかった。
皆が一つの事に集中していなければ、得点することはできないんだよ。

試合前から集中していれば、もっと早い回に得点できていた筈だよ。
今日の反省は、次の試合に活かしていこう。
難しいことじゃないんだ、皆が出来ることをしっかりとすることなんだよ!
守備ではたくさん、光るプレーがあった。みんな、やれば出来るんだよ。





第32回神奈川県スポーツ少年団軟式野球交流大会
決勝
2007年6月16日12:49〜(晴れ) 追浜公園第一野球場
チーム
厚木ペガサス 1 0 0 2 0 0 0 0 3
北大和ドリームス 0 1 0 1 0 1 0 4

  規定により8回サドンデス延長戦
  [投手]伊藤(諒)<6回>-山岡<2回>、[捕手]宮本、
 [本塁打]宮本(2本)、[3塁打]町田、[2塁打]町田、宮本


神奈川県スポーツ少年団軟式野球交流大会 優勝、おめでとう。
今日は、最後まで粘り強く、一つ一つのプレーが出来た。
中継プレーでミスをしても、次の同じプレーでは、しっかりと修正することが出来た。
リードされても、1点、1点といつも目標にしていることも出来た。
今日の結果は、その成果だよ。これが君たちは出来るんだよ。
これからも、しっかりと集中して、自分たちの出来ることをやっていこう。



第32回神奈川県スポーツ少年団軟式野球交流大会
準決勝
   2007年6月10日8:45〜(曇り、雷雨) 2007年6月16日8:51〜(晴れ)
 追浜公園第一野球場  
チーム
北大和ドリームス 1 0 3 0 0 0 0 4
秦野少年野球部コメッツ 0 0 0 1 0 0 0 1

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]宮本

少ないチャンスだったけど、先頭打者が出たときには、しっかりと得点できたね。
なれない木のバットでも、しっかりと打つことが出来たし、
試合が2日間になったけど、しっかりと守ることができたのがよかったね。


  第32回神奈川県スポーツ少年団軟式野球交流大会
第二回戦   
  2007年6月9日8:44〜(曇り) 追浜公園第一野球場  
チーム
北大和ドリームス 4 0 3 0 1 0 1 9
タカハシスポーツクラブ 0 0 0 1 3 0 0 4

  [投手]伊藤(諒)<4回1/3>-山岡<2回2/3>、[捕手]宮本、[2塁打]杉崎

今日は勝つことができたけど、みんなの気持ちはバラバラだった。
その結果がボールをゆずりあったり、ボールが来てから動いてヒットにしたりという風にでてしまった。
これからは、試合に出ている子もベンチで応援している子も、
みんなの気持ちが一つになっていないと勝てないよ。
それから、5年生が投げている時に、回りの6年生が簡単にヒットにしたり、
投げれるのにやめてしまったりしていたけど、もう一度、しっかりと考えよう。
君たちが、なぜ、今、良い結果が出ているかを。
みんなが出来ることを一つずつ、しっかり、やってきたからなんだ。
もう一度、しっかりと一つ一つ、出来ることをやっていこう。


  第32回神奈川県スポーツ少年団軟式野球交流大会
第一回戦  
   2007年6月2日10:25〜(晴れ) 追浜公園第一野球場  
チーム
北大和ドリームス 0 4 1 0 0 1 4 10
逗子オリーブス 0 0 0 0 0 0 0 0

  [投手]杉崎、[捕手]宮本、[3塁打]横田、[2塁打]町田、宮本

今日はピッチャーは良くなげた。外野も内野もよく守ったね。
投げなくても良い所で投げてしまったのがあったけど、次のプレーが
頭にあったからホームでアウトにすることができた。
いつの試合でも次のプレーを頭に入れておこう。
攻撃ではなんでもない所でアウトになってしまった所があった。もったいないぞ。
来週は今日より早く始まるから、早めに体を動かして、試合では最初から動けるようにしておこう。


平成19年度 夏季大和市学童野球大会  第1回戦
2007年5月27日(日) 10:30〜12:30 (晴れ) 鶴間少年グランド
 チーム
 北大和ドリームス 3 3 1 0 1 0 14 22
 林間野球クラブ 0 0 3 0 0 0 0 3

  [投手]杉崎<6回>-山岡<1回>、[捕手]宮本、
  [本塁打]町田、[2塁打]町田(3本)、宮本(2本)、杉崎、[安打]D 14 − 4 RBC





平成19年度 春季大和市学童野球大会  教育戦
2007年4月15日(日) 13:36〜 (晴れ) 鶴間少年グランド
 チーム
 北大和ドリームス 26 3 6 35
 緑野ピンチーズ 0 0 0 0

  規定により3回コールド
  [投手]山岡<1回>-伊藤(諒)<1回>-杉崎<1回>、[捕手]宮本、
  [3塁打]伊藤(諒)、[2塁打]杉崎(2本)、宮本(2本)、横田、伊藤(諒)、山岡


  今日の試合は春の大会や昨日(4/14)と違って、皆が最後まで集中することができたね。
  相手に合わせるのではなく、自分たちのやるべきことができれば君たちは勝てるんだよ。「1点をとる」という気持ちを全員が持っていれば、得点できるんだよ。
  でも、大量点を取ったからといって必ず勝てるわけじゃないんだよ。
  君たちができることは、相手もできることなんだ。
  先頭バッターは出塁する、ランナーを進める、ボールを一生懸命追う、ボールをしっかりとつなぐ、
  ということが確実にできる様に、もう一度、しっかり練習していこう。君たちはチャレンジャーなんだ。



平成19年度 春季大和市学童野球大会  第2回戦
2006年4月1日(日)9:00〜 (晴れ:桜満開)  つきみ野野球場
チーム
 北大和ドリームス 0 2 1 1 0 2 1 7
 ホワイトライオンズ 0 2 0 2 0 1 8

   [投手]杉崎-伊藤(諒)-杉崎、[捕手]宮本、[本塁打]横田、宮本[3塁打]伊藤(諒)、[安打]D-8,WL-6

試合途中で「勝った」と思ったら負けてしまうんだよ。最後のアウトをとるまで、気を抜いてはいけないということだよ。
もう一度、やり直そう。今日の悔しい気持ちをいつまでも忘れないこと。
どうして、あそこで点を取られてしまったのか、どうして、あそこで1点が取れなかったのかを考えること。
フライを取れなかった後の処理や、ヒットを打たれた後の連携は、普段の練習の時から、しっかりやらないと試合の中でもできないということがわかったと思う。
でも点を取られた後に取り返すということも出来たし、守備でも光るプレーはあったよ。
次からは、一つ一つのプレーの一つのボールに皆が集中して、つなげられる様にしよう。



     第31回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会   
 決勝リーグ 第2戦     
2006年3月17日(土)10:45〜 (曇り)  鶴間少年グランド
チーム
 北大和ドリームス 0 2 0 2 0 0 0 4
 桜ヶ丘ヴィクターズ 0 0 0 0 0 0 1 1

  [投手]杉崎(賢)[5回]-山岡、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]横田、[安打]D-7,B-2


  第31回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会   
 決勝リーグ 第1戦  
2006年3月17日(土)8:57〜10:04 (曇り:小雪ちらつく)  鶴間少年グランド
チーム
 桜森ベアーズ 0 0 0 0 0 0
 北大和ドリームス 0 1 1 0 5 7

  [投手]杉崎(賢)[5回]、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]杉崎(賢)、富岡慧、[安打]D-6,B-0(参考記録:完全試合)

  規定により5回コールドゲーム


    第31回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会     
 予選リーグ 第3戦  
       2006年3月10日(土)10:30〜 (晴れ:あったか)  鶴間少年グランド      
チーム
 北大和ドリームス 1 0 1 0 0 0 0 0 2
 林間野球クラブ 2 0 0 0 0 0 0 0 2

  [投手]伊藤(諒)[2回]-杉崎(賢)[6回]、[捕手]宮本(哲)、[安打]D-10,R-5

  2回以降の無失点は立派です。左投手になれしていないのかボールを呼び込めず大振りしていたようでした。立ち上がり一人相撲の投手とそれを助けてやれないまわりのまだ他人任せな気持ち、それから相手の必死さに比べると試合前から何となく勝てるだろうという油断があったと思います。(相手は過去二試合の最後の粘りとこの試合にかける気持ちはなかなか)負けずに反省できる事に感謝です。力の差はそうないという事ですね。


    第31回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会     
 予選リーグ 第2戦  
       2006年3月4日(日)9:00〜 (晴れ:あったか)  鶴間少年グランド      
チーム
 北大和ドリームス 1 0 5 0 0 1 7
 ホワイトライオンズ 0 0 1 0 1 0 2


    第31回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会     
 予選リーグ 第1戦  
       2006年3月3日(土)10:30〜 (晴れ)  鶴間少年グランド      
チーム
 北大和ドリームス 1 0 0 0 0 7 8
 ジャガーズ 0 0 2 1 0 0 3

  [投手]伊藤(諒)-杉崎(賢)、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]町田A、冨岡、[安打]D-9,J-7

  規定により6回時間切れ

  今日の試合は勝ててよかった。完全に負け試合のパターンだった。君らには勝とうという気持ちが弱かったし、準備が出来ていなかった。
  勝って反省するところがたくさん見つかったから逆によかったかも知れない。明日は反省を活かして今から準備をしておこう。もうすでに試合は始まっているよ。

  全部が後手後手だったな。何でもないゴロをミスしたり、エラーをしてから考えているから相手に塁をひとつ余計にあげている。準備ができていないから間に飛んだフライもゆずり合っている。全ての球が自分の球だと思わなきゃ、ゆずるな!自分で取れ。
  最終回の7点のうち3点はもらった点だ。うちも点をあげている。相手に点をあげているようだと試合には勝てない。
  相手より早く、そしてだれよりも真っ先に動かないといけないね。だれかがやってくれると思って動いていたらいつまでも勝てないよ。
  それにしても最後の7点はよくとれたよ。がんばった。でも7点一気より気持ちは1点を毎回取るように。先頭打者を必ず出そう。ランナーがでたら必ず進めよう。3塁までランナーが進んだら必ず点を入れよう。
  こんなことをベンチにいる子も全員が同じことを考えられるようにしよう。



    第13 大和市野球選手権大会(新人戦) 決勝    
     2006年11月23日(木)9:20〜10:05 (曇り)  鶴間少年グランド    
チーム
 ブルースターズ 0 0 0 0 0 0 0 0
 北大和ドリームス 0 0 0 2 0 0 0 2

  [投手]杉崎(賢):67、[捕手]宮本(哲)、[安打]D-2,R-1

  規定により5回コールドゲーム
  5年生、4年生のチーム

  許したランナーは内野安打1本と死球のみ。内野ゴロが多かったまさに打たせてみんなで守るいい守備でした。
  攻撃はというと10三振、2安打と抑えられていた感はありますがデッドボールの先頭ランナーを3塁まで進めた時のタイムリーヒットワンチャンスをものにしたいい試合。
  念願の新人戦初優勝。おめでとう。でもこれからも挑戦者として驕らず自分たちのできる事を一生懸命にやっていきましょう。すると結果はついてきます。


    第13 大和市野球選手権大会(新人戦) 準決勝    
     2006年11月19日(日)8:48〜9:51 (曇り)  鶴間少年グランド    
チーム
 北大和ドリームス 1 2 2 0 2 7
 林間野球クラブ 0 0 0 0 0 0

  [投手]杉崎(賢):49球-山岡:5回〜15球、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]横田、[安打]D-5,R-1

  規定により5回コールドゲーム
  5年生、4年生のチーム

  今日の試合は守りも打撃もベンチも良かった。

  反省点をひとつ言うなら高い確率でアウトになりそうなあたりでも、あきらめずに全力で走ること。もしかしたら相手も取ることや投げることする瞬間に、ハッとして集中できなくなるかもしれい。最後まであきらめるな!。

  守備は言う事なし。みんな声も出て足も動かしていた。
  あとは投手はまわりに声をかけてから投げる。これがもっとできれば完璧。

  さあ次の試合もどんな投手かもわからないし相手のことは分からない。自分たちがやれることを全力でやればきっといい結果になる。いい結果にならなくてもくいは残らない。
  体調をこわさないように規則正しい生活をして次の試合にそなえよう。


  第13 大和市野球選手権大会(新人戦) 第3回戦  
   2006年11月12日(日)8:58〜10:30 (晴れ:木枯らし1号)  鶴間少年グランド  
チーム
 大和中央クラブ 0 1 0 0 0 2 3
 北大和ドリームス 0 1 1 1 3 × 6

  [投手]杉崎(賢)、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]中村(雄)、横田、[安打]D-5,C-4

  規定により6回裏時間切れコールドゲーム
  5年生、4年生のチーム

  先頭を出せないと点がとれない。はずだったのが今日は違った。ワンアウトからでも三塁まで進めれば点が取れる。2本のタイムリーヒットは見事だったけどそれより集中してできた送りバントの方が価値があると思うよ。準備して落ちついてやれば出来るじゃないか。
  守りでも今日の諒は良かった。準備が出来ているからいいスタートができてバントをされたってゆうゆうとアウトにできる。これだよ諒はできるんだよ。
  反省することもあった。2回のスクイズ失敗、むずかしいかもしれないけど落ちついてしっかりときめなきゃ。
  さあ次の試合も相手のことは分からないけど1対9じゃなくて22対9の全員で試合をやろう!


  第13 大和市野球選手権大会(新人戦) 第2回戦  
   2006年11月5日(日)8:54〜10:37(晴れ) 鶴間少年グランド  
チーム
 北大和ドリームス 4 1 1 2 0 0 2 10
 ホワイトライオンズ 2 0 0 0 0 0 1 3

  [投手]杉崎(賢)-山岡、[捕手]宮本(哲)、[三塁打]宮本(哲)、[二塁打]宮本(哲)、横田、[安打]D-11,WL-7

  5年生、4年生のチーム
  今日の試合でよかったことは先取点を目標どおりに取れたこと。毎回点を取る目標については5回6回にはできなかったけれどランナーを出せたのだからもう一息だ。
  先頭打者を出すことは当然だけど、2アウトでも3塁までランナーを進めたときには必ず点を取るようにしよう。今回3回も3塁ランナーをおいても点が取れなかった。
  今日の試合でも投手を交代したが周りが一球一球声をかけること。声をかけられたら返すこと。投手だって同じ事。周りを見てどこに打たせるか決め手から投げられるようにしよう。
  次に対戦する相手はどんなチームか分からないけれど、相手がどうであれ自分達の目標が達成できるように全員で取り組んでいい試合ができるようにしよう。


  第13 大和市野球選手権大会(新人戦) 第1回戦  
   2006年10月29日(日)9:00〜10:20(曇り) 鶴間少年グランド  
チーム
 北大和ドリームス 6 1 0 1 2 10
 大和シャインズ 0 0 0 0 0 0

  [投手]杉崎(賢)-伊藤(諒)-山岡、[捕手]宮本(哲)、[二塁打]中村、杉崎(賢)、[安打]D-7,S-1

  規定により5回コールドゲーム
  5年生、4年生のチーム
  新しいチームでの公式戦初戦。前日の練習試合初戦についで新しいチームでの練習は充分ではない状態でしたが何とか勝つことができました。今からもこの時期に出来上がったチームはないと思いますがどのチームも未知数。何とかひとつひとつていねいな試合を積み重ねたいものです。

  攻撃は初回6点先取。先に点を取る目標は果たしましたが途中少し淡白になったこともありましたし、もう一点とらなきゃいけない時にも少し集中が途切れたところもありました。
  守りでは賢人のピッチングは良かった。諒も仁実もしっかりと後を引き継ぎました。外野手の間にポトンと落ちたヒット。これは声がないからヒットになったあたりだね。
  かと思えばヒット性のあたりをセカンドゴロにした賢人とそれをきれいに受け取った銀河の連携はいいプレーだったね。やはり足が動けばいいプレーができるって事だ。
  来週も練習していい試合をやろう!六年生も応援頼むよ。