2007年 Cチーム公式戦戦績





  平成19年度 秋季大和市学童野球大会  決勝  
   2007年10月07日(日) (晴れ) 12:52〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 4 4 3 5 16
 ブルースターズ 0 2 0 1 3

  [投手]山崎-大貫、[捕手]中村、
  [三塁打]滝川、[二塁打]滝川(2)、山崎、中村、和田(2)、[安打]D 18-2 BS

 とうとうやりました。夏準決勝敗退で見せていた涙。きっとあのくやしさをバネにしてきっとやってくれると思っていました。
 よく練習したよ。何度も何度も反復練習やって、きびしい言葉にも臆することなく失敗を繰り返さない。
 そして試合になれば、「楽しもう!」、「笑おう!」、「お祭りだ!」、「チーム一丸」を合言葉に本当に楽しい試合を見せてくれました。
 来週からは3年生中心のチームがスタートするけど、このドリームスカラーをもっともっと濃くして下さい。先ずは苦しい練習も楽しもう!。


 今大会は、C2の件から始まり冨岡兄弟の転校、そしてW優勝!
 忘れられない大切な時を過ごさせて頂きました。
 皆様とともに、旗を獲った事。金メダルを冨岡兄弟に送れること。大変誇りに思います。
《滝川監督》



  平成19年度 秋季大和市学童野球大会  準決勝  
   2007年10月07日(日) (晴れ) 9:55〜11:22
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 4 4 7 0 2 17
 林間野球クラブ 0 3 0 0 0 3

  [投手]山崎-滝川-大貫、[捕手]中村、   [本塁打]滝川、大貫、[三塁打]中村、[二塁打]滝川(2)、山崎、[安打]D 13-2 RBC

 いい試合だった。大量点の試合にもかかわらず、ちゃんと5回まで試合ができたのはテンポがいいしダッシュでの攻守交替はまるでAクラスみたいだった。
 次の試合のことに気持ちが行かず、最後まで集中できた完全燃焼の試合だった。 
 試合が終わった瞬間、これはメダルを取れると確信ができたほどだった。





  平成19年度 秋季大和市学童野球大会  第3回戦  
   2007年9月24日(月) (くもり) 12:50〜14:27
つきみ野野球場  
 チーム
 北大和ドリームス 2 3 6 15 26
 ホワイトライオンズ 3 0 1 0 4

  [投手]滝川-山崎、[捕手]中村、   [本塁打]滝川(3)、和田、[二塁打]山崎、伊藤(2)、白井、松本、[安打]D 22-1 WL

 いい試合だった。何点取ろうが手を抜かず雑にはならずにみんなが集中できていた。ベンチのみんな(2年生)だっていい声が出ていたよ。「チーム一丸」 これが大事なんだ。
 でも、今日の試合は初めのほうで守備のミスが多かったな。どうしたんだろう。やはり緊張(きんちょう)していたのかな。
 来週は四年生にとってCクラス最後の試合。いい思い出になるように試合を楽しんで下さい。笑ってやって下さい。


 初回は接戦かと思いましたが、緊張がほぐれた後の爆発には目をみはりました。
 次も、その次も、今日のような、溌剌(はつらつ)とした試合を子供たちには期待したいと思います。《伊藤コーチ》





  平成19年度 秋季大和市学童野球大会  第2回戦  
   2007年9月23日(日) (くもり) 13:05〜
つきみ野野球場  
 チーム
 北大和ドリームス 1 1 11 0 13
 ブラックジャガーズ 0 0 0 0 0

  [投手]山崎、[捕手]中村、   [本塁打]滝川、和田、[三塁打]大貫、[安打]D 10-2 B

 試合開始直後の第1球目先頭打者ホームランは相手ピッチャーの度肝を抜いたね。
 そして二回にも先頭打者ホームラン。打って欲しい人にいいあたりがでた。
 さらに三回は集中できて9人連続得点。すばらしい試合だった。
 守りでも相手に三塁打を打たれた直後にキャプテンが絶妙なタイムをかけた。Cクラスでできるのはドリームスだけじゃないかなと思う。今回はキャプテンが声をかけたけど、別のだれでもかけてもいいんだよ。自分達でお互いに声を掛け合って気持ちをひとつにして明日の試合もいい試合をしよう。

 試合を楽しもう!笑ってやろう!


  平成19年度 秋季大和市学童野球大会
C2チーム  第2回戦  
   2007年9月17日(月) (晴れ) 9:55〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 桜森ベアーズ 6 11 9 26
 北大和ドリームス 1 1 1 3

  [投手]須藤-菅野、[捕手]倉谷、   [二塁打]岩山、[安打]D 1-19 B

 負けたのは本当にくやしかったね。でも君達は勝つことよりも、もっともっと大事な事を経験する事ができた。点を取られても取られても最後まであきらめずに守りぬいたし、強いチームから毎回点を取ることも出来た。
 アウトをとるたびに大きな拍手。ランナーが出るたびにグラウンドが割れるほどの大きな声援。大人たちはみんな感動して中には目をぬらしていた人もいたはずだ。
 今まで、これほど盛りあがった試合は記憶(きおく)がないな〜。関東大会?

 君たちは本当にいい経験をすることができたと思います。これが思い出だけに終わらずに次につなげていける事を期待します。



  平成19年度 秋季大和市学童野球大会
第1回戦  
   2007年9月16日(日) (晴れ) 13:05〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 3 3 8 11 25
 レッス 0 0 0 0 0

  [投手]山崎(ノーヒットノーラン達成)、[捕手]中村
  [本塁打]滝川、[二塁打]滝川A、平沢、中村、大貫、[安打]D 20-0 R

  練習でやったことを試合で同じようにやることが出来た。
 監督が「試合を楽しもう!笑ってやろう!」の言葉をそのまま実現してくれた。
 もんくなしの試合ないんだけど、今回のように大差でリードしている時だけでなく、ピンチの時やなかなか思いどおりに行かないときこそ、「試合を楽しもう!笑ってやろう!」の気持ちを強く持ってプレーして欲しいな。

 次の試合も練習試合で勝つことが出来たチームだけど、また勝てる保障などはどこにもない。ぼくらはチャレンジャーなんだ。また楽しむぞ〜。





  平成19年度 夏季大和市学童野球大会
準決勝  
   2007年7月1日(日) (くもり) 7:50〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 1 0 1 0 0 2
 桜森ベアーズ 0 0 0 3 × 3

  [投手]滝川、[捕手]中村

 負けた。くやし〜。気持ちは分かるけど、何かが足りなかったんだね。負けたという結果ではなく、この負けがいつかバネになるように考えながら秋までの練習をつんでいこう。
 早いもので4年生はあと3ヶ月したらCチーム最後の試合になってしまう。今度こそ最後の試合まで勝ち抜こう。



  平成19年度 夏季大和市学童野球大会
第二回戦  
   2007年6月17日(日) (晴れ) 7:58〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 5 7 2 0 1 15
 桜ヶ丘ヴィクターズ 0 0 2 2 1 5

  [投手]滝川-山崎、[捕手]中村、
  [二塁打]滝川、平沢、中村、[安打]D 8-7 Vi


 前回はちょっと緊張していた子がいたけど、今日はみんなのびのびと出来ていたと思う。元気もあってよかった。
 今日は特に守りがよかった。ヒットを打たれるのは全然かまわない。同じようなヒットの本数だったのに点差をつける事が出来たのは、片方は打たれた後に次の塁を与えているのに、片方は中継プレーが練習どおりにやれたから次の塁に進めることが出来なかった。守りの差がこの結果になったんだ。
 特にCチームは他のチームがどうのこうのではなく、自分達の気持ち、気合、集中力で試合の流れが出来てしまう。次の相手を気にする必要はなし。自分達の野球をやって目標に向って前進しよう。
 《滝川監督》


  平成19年度 夏季大和市学童野球大会
第一回戦  
   2007年6月3日(日) (晴れ) 8:02〜9:04
山谷スポーツ広場  
 チーム
 ホワイトキングス 0 2 2 0 0 4
 北大和ドリームス 4 3 4 2 × 13

  [投手]山崎、[捕手]中村、
  [三塁打]山崎、大貫、須藤、[二塁打]和田、伊藤(凛)、山崎、[安打]D 12-6 WK


 大事な第1戦目を勝つことができてよかった。今日の試合はみんなが集中できていた。交代ででてきた選手達も準備がちゃんと出来ていたし、集中ができていたから結果も出すことが出きた。
 唯一反省する点は中継プレーかな。これは練習で修正していこう。
 今日の試合で審判の方々から「ドリームスはよく声が出ていて集中できていたね」と言っていただいたことが僕は何よりもうれしかった。
 今まで練習で「一番大事なこと」といい続けてきて、それをちゃんとやれる君たちってすばらしいなと思う。
 来週も今日と同じようにやっていい試合をやろう。
 《滝川監督》

 今日は言うことなし  《斎藤コーチ》