2008年 Cチーム公式戦戦績





  平成20年度 終季大和市学童野球大会 
Cクラス決勝  
   2008年9月28日(火) (くもり) 12:50〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 ホワイトライオンズ 0 1 0 1 2 4
 北大和ドリームス 0 1 2 3 × 6

  [投手]岩山-須藤、[捕手]倉谷、[三塁打]須藤、[二塁打]常盤(拓)、 [安打]D 8-4 S

 優勝おめでとう!

 この1年間の集大成の試合になったことを強く感じました。
 先制されても点を取られてもあわてる事なく、自分を信じチームのみんなを信じてプレーが出来ていたと思います。

 「練習で迷った時は前に進め」と何度も何度も練習をやってきました。今日も気持ちが前に前に向かっていました。
 だからセンターが前に突っ込んで取ったフライやショートが身を挺して取ったプレーが練習どおりに出来たのだと思います。
 失敗はしたけど、サードゴロやライト前の飛球も練習の成果を出しての失敗だから何もくやむ事はありません。むしろ胸を張って欲しいくらいです。
 それに、みんなもびっくりしたよね〜。ホームスチールまでやっちゃうなんて! コーチ達は「パスボールがあるかもしれない。いつでもホームを狙っておけ」って教えていたけどホームスチールの練習はしなかった。まさに「前へ前へ」の気持ちの現れ。真骨頂を発揮したね。
 ドリームスが破ったチームのみんなの気持ちも胸にいっしょに戦った、むしろ去年のチームより気持ちの面では強くなった事を感じました。
 ホワイトライオンズもまとまったいいチームでした。最後の試合にこのような試合が出来たことは光栄でした。

 この一年間、本当によく君達は頑張りましたね。神様がくれた最高のプレゼントを最後にいただく事が出来ました。Cチーム40人のみんなに金メダルを贈りたいと思います。 そして西監督本当にお疲れ様でした。「勝てた事にではなく、無事にこの一年を終えた事にホッとしています」というのは同感しましたし、ある意味感動を覚えました。我々大人達も勉強になりました。

 4年生のみんな、いつでもいいから時々このページを見て思い出して下さい。この大会で学べた事、その時の気持ちを思い出して練習や試合をして下さい。そうすると更にたくましくやさしい子になれると思いますよ。


 【決勝を終えて】
 優勝おめでとう!
 どこが勝ってもおかしくない状況で、君たちは仲間を信頼しよく闘った。
 夏の大会ベスト4に残って、秋の大会もベスト4に残ったチームはドリームスだけなんだよ。この事からも、他のチームが凄くレベルアップしたことがわかるよね。
 優勝出来たことは、プレーをした君たち・応援してくれた後輩・お父さん、お母さん、みんなで勝ち取った勝利だと思うよ。

 去年優勝して、開会式で優勝旗を返還したよね。
 また優勝旗を持って帰れる様に、1年前に君たちの世代になったとき、「俺たちなら出来る、俺たちにしか出来ない」って気持ちで頑張ろうって君たちに伝えて、それが現実になった。
 君たちには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 ありがとう。
 Cクラスでやってきた練習、学んだことを忘れず、仲間を大切に、自信と誇りを持ってAクラスに行っても頑張ってください。
 君たちと野球が出来て本当に楽しかったよ、ありがとう!  ≪西監督≫



  平成20年度 終季大和市学童野球大会 
Cクラス準決勝  
   2008年9月28日(火) (くもり) 9:55〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 シャインズ 3 0 0 0 0 3
 北大和ドリームス 0 3 0 2 × 5

  [投手]岩山-須藤、[捕手]倉谷、[二塁打]西、 [安打]D 6-8 S

 
 【準決勝を終えて】
 今大会は先制され、追いつき逆転勝ちするゲーム展開が続き、準決勝も同じ展開になったね。
 ピンチをしっかりしのいで、チャンスをしっかりものにする。
 3回戦で良くなかった攻撃も、ゴロを打つ意識・次の打者に繋げることができてたね。
 やっぱりこの攻撃が、君たちには1番いい!って思ったよ。周りにしっかり声をかけることも出来ていた。
 全員野球ができたこと、凄く嬉しかったよ。  ≪西監督≫


  平成20年度 終季大和市学童野球大会 
C1チーム第3回戦  
   2008年9月23日(火) (くもり時々はれ) 13:05〜
つきみ野野球場  
 チーム
 下福田南スターズ 0 1 0 0 1 2
 北大和ドリームス 1 0 1 0 3

  [投手]岩山-須藤、[捕手]倉谷、 [安打]D 4-4 S

 今日も1点差のどちらが勝ってもおかしくない内容でした。
 でも声はドリームスが大きくまさっていたと思います。その差だけが試合の明暗を分けたのかもしれません。


 攻撃は雑な打ち方になってみんながフライを打ち上げていたね。フライではランナーも出せないし、たとえランナーが出ても塁をすすめることが出来ない。次につなげる事が出来ないから点にはならないんだ。

 次の試合はつなげる野球を心がけて欲しいな。
 そのためにはたたき付けるバッティングや早いゴロを打てるようにしなきゃ。自分で決める!と思うのではなく、次のバッターにつなげるバッティングで1点1点を重ねて欲しい。

 今度の試合の日が4年生はCでの最後の日の試合になります。Aにもつながる野球をぜひ見せてください。


【3回戦を終えて】
 2回戦に引き続き、接戦を見事勝つ事ができた。
 接戦を勝つ事が出来たのは、みんなが強くなった証拠だと思う。
 しっかり声を出して、外野にいったボールも声をつないで中継がしっかりできていて、練習でやったことができていたと思う。

 でも、今日の攻撃は決して良くなかった。
 たくさん点が取れなかったから、良くなかったって言っているわけではない。
 今回はフライアウトがすごく多かったよね。
 みんなもそうだと思うけど、フライはゴロを捕るより捕りやすいよね。
 君たちがやらないといけない野球は、「次の打者につなぐ野球!」。
 ホームランの1点より、みんなでつないで取った1点のほうが大事。
 もう一度、自分たちの野球を思い出そう。
 9人みんなでつなぐ野球をやろう! そうすれば、良い結果は必ず出るから。

 試合が終わって、スターズのコーチが言ってたよ。
 「スターズのこども達の分まで頑張ってください」って。

 次は準決勝、全員野球!試合を楽しもうね!  ≪西監督≫


  平成20年度 終季大和市学童野球大会 
C1チーム第2回戦  
   2008年9月15日(月) (くもり) 13:15〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 大和クラブジュニア 3 2 0 0 1 5(1)
 北大和ドリームス 0 2 2 1 5(2)

  [投手]須藤、[捕手]倉谷、[三塁打]倉谷 [安打]D 6-5 YCJ

 「今日もいい試合でした」5点のリードをゆるしてもあわてることなく2回以降は毎回得点することが出来ました。
 守備では3回表のノーアウト満塁を0点におさえ、4回のワンアウト3塁も0点におさえることが出来ました。こうなれば君達が逆転できないわけがないと思ってしまいましたがそうはあまくはない。さよならのチャンスに走塁ミスで同点どまり。

 サドンデス延長の守りでも見せてくれましたね。ピッチャーゴロが飛んできた時、今までの君達なら1点もやっちゃダメと思って無理してバックホームに投げて来たと思います。それがホームも見ずに一塁に投げてテイクアウト。ぎりぎりアウトに出来たかも知れなかったけど、この後の試合展開を大きく変えたプレーになりました。
 大人達から一塁へ投げるんだと声を出した人はいなかったと思います。サドンデス延長戦守りのセオリーは点をやらない事が一番ではなくアウトをひとつずつ確実に取ることなんです。
 この事をピッチャーが理解していたのかどうか分からないけれど、私は理解していたと信じたい。あの瞬間、思わず胸がジーンと来て鳥肌が立ってしまいました。


 初戦でこんないい経験が出来たのだから、第2戦目にも是非つなげていって欲しいと思います。
 そして大和クラブジュニアのみんなの思いも心において次からの試合を戦ってください。

 大会直前、夏の大会より他チームはレベルアップしている!とみんなに言ってきたけど、本当にそうだったね。
 これまでの公式戦で、5点もリードされたことはなかった。
 点数が入らないとき、ベンチに戻ってきたみんなに、必ずチャンスはくるから頑張るぞ!と声をかけたよね。きたチャンスを逃さず、しっかり得点できたね。
 みんな良く声が出て、集中できていたよ。
 いくつかミスがあったよね。でも、一生懸命プレーしていてでるミスは仕方ない。
 それを全員でカバー出来るか、出来ないかが大事。
 ドリームスにも相手チームにも、ピンチとチャンスは同じだけくる。
 次は2回戦、1回戦と同じ、夏の大会と同じ。
 全員野球、みんなの力を合わせて闘(たたか)おう!  ≪西監督≫



  平成20年度 終季大和市学童野球大会 
C2チーム第2回戦  
   2008年9月14日(日) (はれ) 13:28〜15:04
山谷スポーツ広場  
 チーム
 南林間ファイターズ 1 3 1 3 5 8(5)
 北大和ドリームス 1 0 3 4 8(2)

  [投手]小倉、[捕手]三輪、[三塁打]佐藤(匠)、本多 [安打]D 6-10 F

 来年を見すえてのC2チームでした。決して満足できる練習時間ではありませんでしたが、そこは4年生も協力して、ひとつのチームとして試合をすることが出来ました。
 おしくも勝つとことは出来ませんでしたが、大きな結果を残すことが出来た試合になったと思います。

 まずは、ナイスゲーム!
 4年生と3年生以下の混合チーム、このメンバーでの練習時間は僅かで。
 そんな状況での大会参加でしたが、佐藤キャプテンを筆頭に、全員野球が出来たと思います。
 試合には負けたけど、得るものはもの凄く大きかったと思います。
 10点も取るなんて、本当に凄いこと!
 みんなの「底力」を見せてもらいました。
 4年生はAクラスで、3年生以下はこれからのCクラスで今回の経験が必ず活きる時がくる。
 負けた悔しさを忘れず、これからも仲間を大切に練習を頑張っていこう!  ≪西監督≫


  平成20年度 夏季大和市学童野球大会 決勝  
   2008年7月13日(日) (晴れ) 9:50〜
鶴間少年グランド  
 チーム
 北大和ドリームス 1 1 0 4 1 7
 ブルースターズ 3 0 2 3 × 8

  [投手]須藤、[捕手]倉谷    [安打]D 6-7 BS

 「いい試合でした」まわりのチームの方からも部長からも言って頂いた一言。あれは負けたドリームスのみんなにもかけてくれたことばだと思います。
 もちろん勝つためにここまで頑張ったのだから、本当にくやしくてたまらないだろうけど、逆に君達の方が得るものは多かったのではないかなと思います。
 「勝って歓び(よろこび)、負けて勉強!」この試合で学んだ事を決してわすれてはなりません。
 この事をいつも思い返しながら練習をやって秋はまた最終日までいけるように頑張りましょう。


 昨日は、皆さんから大きなご声援を頂戴し有難うございました。
 準優勝という結果でしたが、決勝戦という舞台を経験できたこと、子ども達に感謝しています。
 気持ち新たに、秋に向け再出発致します。
 《西監督》



  平成20年度 夏季大和市学童野球大会 準決勝  
   2008年7月6日(日) (晴れ) 9:50〜
山谷スポーツ広場  
 チーム
 北大和ドリームス 1 3 0 1 7 12
 桜森ベアーズ 2 0 0 1 3 6

  [投手]須藤、[捕手]倉谷、[本塁打]菅野、[三塁打]常盤、木村、[二塁打]安藤、木村、須藤
  [安打]D 14-6 B


 苦しい試合だった。
 ベアーズは、良いチームだったね。
 だから、点差に関係なく少しも気を抜く事ができない試合だった。
 その中で勝てたことは、凄く(すごく)大きな意味があって、大事な試合だったね。
 ドリームスが相手より野球が上手くて勝てた試合ではなく、
 相手より、勝つぞ!って気持ちが大きかったから、勝てた試合だった。

 13日は最後の試合、決勝戦だね。
 決勝戦までこれたこと、みんなに感謝(かんしゃ)しています。ありがとう。
 君たちは本当によく練習してきた。自分たちの努力を信じよう。
 どんな時でも、全員が一生懸命(いっしょうけんめい)声を出すのが、ドリームス。
 決勝戦、これまでと同じ。

 全員野球で闘(たたか)おう!  《西監督》



  平成20年度 夏季大和市学童野球大会 第二回戦  
   2008年6月15日(日) (晴れ) 11:51〜13:01
山谷スポーツ広場  
 チーム
 下福田南スターズ 1 0 3 0 4
 北大和ドリームス 11 3 0 16

  [投手]須藤、[捕手]倉谷、[三塁打]菅野、岩山、[二塁打]菅野、須藤、倉谷、樫山
  [安打]D 12-2 MS


 今日もものすごい集中力だった。初回表にリードを許してしまったが、11点もとるとは思わなかった。よくがんばったね!
次の試合に向け守りを重点に練習をしていこう。


 1回戦に引き続き、初回の攻撃は集中できていたね。
 前から言われている、1回・1球目など1が大事ってことをみんなでやろうとしているから、初回たくさん点が取れたと思う。
 早い回でたくさん点を取ると、みんなもそうだけど、特にピッチャーは勇気が出る。初回にたくさん点が入らない時もあるけど、次の試合も全員野球で1が大事ってことを忘れず頑張っていこう。
 「俺たちなら出来る、俺たちにしか出来ない!」って強い気持ちを持って、次の試合も全力で闘うぞ!   《西監督》

  平成20年度 夏季大和市学童野球大会 第一回戦  
   2008年6月8日(日) (曇り) 13:30〜14:45
鶴間少年グランド  
 チーム
 北大和ドリームス 8 0 1 2 11
 ホワイトキングス 0 1 4 3 8

  [投手]須藤、[捕手]倉谷、
  [安打]D 10-9 WK


 大事な第1戦目を勝つことができてよかった。今日の試合はみんなが集中できていた。
 今日の試合で審判の方から「ドリームスはよく声が出ていて元気があるね」と言っていただいた。
 今まで練習で「一番大事なこと」といい続けてきて、それを試合でちゃんと発揮(はっき)できるようになった君たちはすばらしいなと思う。

 来週も今日と同じように声をだして、いい試合をやろう。


 新チーム公式戦初戦、自分自身も初の公式戦、大事な初戦を全員野球で勝つことができたね。
 チャンスの時もピンチの時も、みんな一生懸命声を出してたね。しっかり集中して、みんなが頼もしく見えたよ。
 これまで暑い日も寒い日も、雨の中でもやってきた練習が出来てた。
 相手は関係ない。自分たちがこれまでやってきた練習を、試合で思いっきり楽しんでこれからもやっていこう。
 試合中は応援することしか出来ないけど、君たちの1番のファンとして応援するからね!  《西監督》