2014年度 Aチーム 公式戦戦績





滝安治杯争奪交流会 大和市予選
平成26年 大和市スポーツ少年団野球大会 二回戦
  2014年10月19日(日)10時52分〜12時20分(晴れ)つきみ野野球場  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 桜森ベアーズ 1 1 0 0 0 0 0 2
 北大和ドリームス 0 0 1 0 0 0 0 1

 [投手]石渡(6回)-五十嵐(1回) [捕手]村上
 [三塁打][二塁打][安打]D:2、B:3 [与四死球]D:3、B:6 [失策]D:1、B:1

 スポ少秋、6年生はドリームスとして戦う最後の大会になりました。

 やり切れたこと、やり切れなかったこと、一人ひとりあるかもしれません。
 優勝を目指していったけど、届かなかった、必ずそこには理由があると思います。その理由を考えて、答えを出し、実行して下さい。

 この1年間、監督の指示のもと、一生懸命練習をしてきた君たち、"優勝"というタイトルは取れなかったけど、"成長"はしたと思います。この数ヶ月のみんなの野球には、何かを越えられた納得感や充実感みたいなものがあったのではないでしょうか?
 きっとみんなも感じていると思う、確実に後半は、その姿が見えていたからね!

 今年はどこのチームも6年生が揃っていて、どこが優勝してもおかしくない素晴らしいチームばかりでした。いいライバルがいてこそより成長ができる!他のチームにも感謝ですね。
 そして、そんな環境の中でどのチームに対しても自分達らしい試合が最後はできたと思います。ただ、負けた試合においては勝利を手にするための「ここぞ」という時の力が相手チームの方が少し上回っていたことが悔しい結果になったと感じました。

 卒団まであと数ヶ月になります。みんなには次のステップもあります。野球を続けていくとすれば、まだまだスタート地点にすぎません。この残り数ヶ月の時間の過ごし方はとても大事です。今までの自分自身を振り返り、残されたドリでの時間をどのように過ごすべきか、一人ひとりが自ら考え、有意義なドリでの時間にして下さい^ ^

 野球が大好きな子供たち、この仲間でできる時間も残り少なくなってきました。大好きな野球をおもいっきり楽しんで下さい。
 それと後輩たちに、受け継いで下さい、君たちの姿を…

 最後になりましたが、1年間、チームを支えて下さった全ての方々に感謝!その気持ちに必死に応えようと努力し、素晴らしい、感動的な試合を見せてくれた選手全員に感謝!
 本当にありがとうございました!!


滝安治杯争奪交流会 大和市予選
平成26年 大和市スポーツ少年団野球大会 一回戦
  2014年9月28日(日) 10時27分〜12時08分(晴れ)鶴間少年グラウンド  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 北大和ドリームス 0 5 1 0 0 0 0 6
 ホワイトライオンズ 3 0 0 0 1 0 0 4

 [投手]海老塚(4回2/3)-五十嵐(1回1/3)-石渡(1回) [捕手]村上
 [三塁打]佐久間[二塁打]勝俣[安打]D:8、W:5 [与四死球]D:1、W:4 [失策]D:4、W:1

 初めてエースナンバーをつけて投げたピッチャーの頑張りと、それを支えたベンチの声、守備、攻撃ができた結果の勝利だと思います。
 そしてCのみんなの応援、すごく力になりました!!みんなで勝ち取った勝利でしたね。
 逆転勝利のパターンは、Cの時の”逆転のドリ”の勝ちパターン!?
 3点取られた後も、下を向くことなく、負けない!絶対勝つという気持ちで、全員で声を出し、自分達の野球を最後までやり続けることができた。素晴らしい!
 まだまだ続けるぞ!次も頑張ろう!!





秋季大和市(学童)軟式野球大会 決勝トーナメント一回戦
  2014年9月28日(日) 10時27分〜12時08分(晴れ)鶴間少年グラウンド  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 北大和ドリームス 0 0 0 0 1 0 0 1(0)
 ブラックジャガーズ 0 0 0 1 0 0 1(1)

 《規定により6回時間切れ引き分け。7回はサドンデス延長戦》

 [投手]石渡(6回1/3) [捕手]村上
 [安打]D:2、B:4 [与四死球]D:2、B:7 [失策]D:3、B:1

 6年生にとっては市の大会の最後となる秋季大会の決勝トーナメントの初戦でした。
 接戦でみんなで声を掛け合い、必死に守ろうとし、打とうとしていたと思います。
 そして、このチームで初めて経験するタイブレーク。緊張する中でも、しっかり仲間
 を信じ、自分を信じて、プレーは出来ていたと思います。間違いなく、みんなが成
 長したと確信できた試合でした。
 最後は力及ばず、残念な結果になったけど、チームとして、いい雰囲気はしっかり
 と保っていたと思います。
 ただ、振り返ってみると、攻守において、たくさんの「ここぞ」という場面で自分達の
 チャンスを生かしきれず、流れを掴みきれなかったことが、タイブレークまでいって
 しまった理由だと思います。

 しかし、この負けた試合からたくさん学ぶことがあったし、それを一人ひとり、感じ
 て、今までとは違う涙を流しているように試合後の姿から見えました。
 特にこの秋季大会の一戦一戦が自分たちの経験になり、野球人生の財産になっ
 たのではないでしょうか!なんといっても、秋季大会2戦目以降、3試合で1失点は
 立派です!練習の成果がちゃんと結果にあらわれたのではないかな!!

 さあ、いよいよ6年生の最後の大会、スポ少が始まります!6年生はこの仲間でや
 れる本当に最後のチャンスです。
 ここぞ! というところでの守備力や打撃力をより出せるように練習に励みましょう。
 ドリでの集大成として秋季大会のようにしっかり守り、温め続けた打線を大爆発さ
 せ、グラウンドで大暴れしてくれることを本気で期待しています!頼むよ?。納得
 いくまで家で素振りして大会に挑んで下さい!
 そして、ドリームスでの生活が残り5ヵ月ちょっと、仲間と共に悔いを残さないように、
 全力で行こう☆☆☆
 5年生も6年生といっしょにやれる最後の大会です。いいところをたくさん吸収して
 自分達の力にしていこう!!


秋季大和市(学童)軟式野球大会
  2014年09月21日(日) 10時57分〜12時19分(晴れ)桜森スポーツ広場  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 北大和ドリームス 1 2 0 0 0 1 0 4
 ブルースターズ 0 0 0 0 0 0 0 0

 [投手]五十嵐(5回)-海老塚(1回)-石渡(1回) [捕手]村上
 [三塁打][二塁打]須藤2[安打]D:7、B:2 [与四死球]D:2、B:4 [失策]D:0、B:2

 3試合、お疲れさまでした。選手全員で手に入れた予選リーグ1位での決勝トーナメントの切符、
 本当に価値のあるものだと思います。本当に立派です。
 予選リーグの3試合、いいところと悪いところのすべてが出たと思います。
 当然、いいところがたくさん出れば勝つチャンスが大きくなります。
 みんなはこの3試合で、いいところをたくさん出す"コツ"が理解できたと思います。

 新人戦からの公式戦、自分達の野球ができず、悩み、苦しんできのではないかな?
 この秋季大会でも、初戦では、最後の大会というプレッシャーからなのか、ガッチガッチで、自分
 達で試合の流れをつくれないまま終わってしまったように感じました。
 でも、第2戦では、一人ひとりが前日の振り返りをした中で、しっかりと切替えをし、自分達の野
 球を最後まで集中を切らさずにできたと思います。一週間後の第3戦でも、自分達の力を発揮し、
 やって見せ、出来る事を証明した!!
 3試合で野球の難しさ、楽しさ、仲間ってやっぱり素敵だなって思えた試合でした。

 君達はやれるのに、それが証明出来ない日々が続き、もがいて苦しんだと思います…監督が
 教えてくれた"野球"を理解して、実行して、夏の練習試合の数々をこなして、迎えた秋…
 まだまだ小さなミスはあったものの、しっかり打てたし、しっかり守れた。たまたまではない、や
 れる力を自分達で証明し、“やる!“という自分達の気持ちを仲間と共有できたと思います。
 チーム一丸でこの流れを継続し、自分達の野球を次の試合でも実現していくこと、ドリームスの
 野球を思う存分やりきろう!一戦必勝!必笑!!
 週末から始まる決勝トーナメントでも、みんなのいいところがたくさん出せるように、もう一度気を
 引き締め、練習に取り組んでいこう!!


秋季大和市(学童)軟式野球大会
  2014年09月15日(月) 11時10分〜12時43分(曇)桜森スポーツ広場  
  チーム1234567
 北大和ドリームス00102003
 大和クラブジュニア00000000

 [投手]石渡(6回)-五十嵐(1回) [捕手]村上
 [三塁打][二塁打]勝俣、須藤[安打]D:7、Y:2 [与四死球]D:2、Y:4 [失策]D:0、Y:0

秋季大和市(学童)軟式野球大会
  2014年09月14日(日) 9時25分〜10時50分(晴れ)桜森スポーツ広場  
  チーム1234567
 北大和ドリームス100012
 ホワイトキングス22229

 [投手]石渡(2回0/3)-海老塚(1回1/3)-五十嵐(1回1/3) [捕手]村上
 [三塁打][二塁打][安打]D:4、W:7 [与四死球]D:5、W:4 [失策]D:3、W:3






夏季大和市(学童)軟式野球大会
  2014年6月1日(木) 8時56分〜9時59分(晴れ)鶴間少年グラウンド  
  チーム 1234567
 北大和ドリームス000000
 大和クラブジュニア21117

 [投手]石渡(4回)-海老塚(1回) [捕手]高山
 [三塁打][二塁打]佐久間[安打]D:1、Y:8 [与四死球]D:0、Y:3 [失策]D:6、Y:お 

 負ければ悔しいよね!! 涙は勝って流したほうが美しい!! 
 次は秋の大会、あと3ヶ月! とにかく練習しよう!!
 自分たちが出来ることをひとつでも多くしよう!


春季大和市(学童)軟式野球大会
  2014年04月4日(日)10時53分〜12時12分(曇)つきみ野野球場  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 北大和ドリームス 0 0 0 3 0 0 0 3
 大和クラブジュニア 1 0 0 0 0 0 4

 [投手]石渡(7回) [捕手]海老塚
 [安打]D:1、S:3 [与四死球]D:5、S:0 [失策]D:1、S:4 

 とても悔しい結果となりました。
 しかし、この悔しさを忘れず、必ず次につなげなくてはいけない!それは自分たちの成長に必要だから!
 負けたということは、当然相手の方が上、その上を超えるには、もっと上にいかなければいけない!
 6年生にとっては、この4月、5月の2ヶ月は、ドリームで過ごす時間の中で、一番大事な2ヶ月になると思う。
 これからの練習、真剣に考え、理解し、しっかり吸収して、一人一人、自分の技術にしていこう!!
 結果は残念だったが、6年全員が流した涙が、次の夏の大会では嬉し涙になるように、必死でやろう、
 仲間全員で!応援します!君達なら目標を達成できると信じています。
c
第39回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会 大和予選会 準決勝
  2014年03月16日(日) 9時25分〜11時5分(快晴)鶴間少年グラウンド  
  チーム1234567
 ホワイトキングス01002003
 北大和ドリームス00000000

 [投手]石渡(5回)-海老塚(2回) [捕手]海老塚-石渡
 [三塁打] [二塁打] [安打]D:1、W:4  [与四死球]D:7、W:2  [失策]D:1、W:1 

 スポ少春季大会お疲れ様でした。新体制で望んだ初めての大会は、昨年からの選手全員の
 頑張りを非常に感じることができました。選手のみんな、本当にありがとう!
 ただ、その頑張りに首脳陣が応えることができず、本当にごめんなさい。
 すぐに次の大会が始まります。また、ドリームスの素晴らしい試合を、応援してくれるすべての
 人に観て頂けるよう、自分たちの目標に向かって、仲間全員で頑張っていこう!
 監督も成長しますので・・・

第39回神奈川スポーツ少年団軟式野球交流会大和予選会 第二回戦
  2014年3月8日(土)10時40分〜12時55分(晴)鶴間少年グラウンド  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 レッズ 0 0 1 0 2 3
 北大和ドリームス 1 4 1 4 ×     10

 規定により5回コールドゲーム
 [投手]石渡(4回)ー志賀(1回) [捕手]海老塚
 [三塁打][二塁打]海老塚、勝俣、石渡 [安打]D:5、R:2 [与四死球]D:3、S:8 [失策]D:0、R:2 

 新チームの公式戦初勝利 & 金川監督公式戦初勝利 おめでとう!
 翌日に卒団式を控えた6年生、コーチ、ご父兄の応援が確実にグラウンドに届き、プレーする子供たちの勇気に
 つながったことは間違いありません! ありがとうございました!!

 この試合は、誰か一人が活躍して得た勝利ではなく、みんなの力を少しづつ積み重ね得た勝利なのではないでしょうか!
 ベンチ、チームの雰囲気もいいと思いました。ただ、点差がある場面で、ランナーを一人出ただけで、声が止まって
 しまうのが気になりました。 次戦への課題の一つではないでしょうか!

 試合の内容に目を移すと、特に海老塚の振りが良かった!! 2安打2得点の活躍で、下位打線にチャンスが
 回ってきた時の“海老塚のひと振り”に期待し8番に入れた監督の起用に応えました!
 また、守備では、投げては、石渡が4回2安打無四球1失点のピッチング。守備陣は無失策でピッチャーを盛り立てていました。
 その中でもファースト高橋は何度かあった難しい送球も捕球し全てアウトにし頑張りました!

 ボールをしっかり見て塁に出て、そのランナーをしっかり得点にすること。これは次戦でも続けて欲しいと思います。
 初戦は、監督のミスをカバーするほどの集中力と気迫、見事でした。
 このような野球を一試合でも多くやりましょう。仲間全員で…!





第19回大和市野球選手権大会 (新人戦)
  2013年10月27日(日) 8時56分?10時34分(晴れ) 鶴間少年グラウンド  
  チーム 1 2 3 4 5 6 7
 林間野球クラブ 1 1 0 0 0 2 2 6
 北大和ドリームス 0 0 0 0 0 3 0 3

 [投手]石渡(4回)-勝俣(3回) [捕手]海老塚
 [三塁打] [二塁打]石渡、村上 [安打]D:6、R:3

 新たな仲間と共に迎えた新人戦。選手のみんな、お疲れ様でした。
 大きな目標を目指し、臨んだ新チーム初めての大会でしたが、残念ながら初戦敗退・・・。とても悔しい気持ちがいっぱいだと思います。コーチ達も同じ気持ちです。
 久々の実戦ということもあったのか、あっという間に終わってしまった新人戦ですが、個々の課題もはっきりしたのではないかな?

 Cの時すばらしい成績だったみんなが、なぜAで勝てなかったのだろう??
 理由は、声が出ている、出ていないではなく、Aで勝てる力をこの一年間で全員が蓄えることができていなかったからだと思います。
 そしてこれは、決してみんながサボっていたからではなく、コーチ達がみんなにそういう練習をさせてこなかったから。。。

 春まで時間はあるようでない!この冬、いろいろと、沢山練習して、春には、全員全力プレーで栄冠をつかみとろう!!

 これから、みんながもっと成長し目標を達成するために必要なことを、どんどん積極的に教えていきます。
 もちろん、基礎の反復練習も大事なので、これもきっちりやります。
 そして、1点でも多く得点し、1点でも失点を少なくして、目標を達成しよう!!

 Cの時に掴んだ栄光をもう一度!
 まずは、来年大会が始まるまでの2ヶ月間が大事だよ。一緒にがんばろう!!